Yulia Skogoreva












Staff Credit

Dancer and choreographer: Ruri Mitoh 

Photographer: Yulia Skogoreva




Description of your idea


Capture of movement and space in a still image. 

I've started photographing my project CONNECTION in 2015. Since the very beginning I've never asked dancers to pose for me, but I carefully chose every location. 

Being inspired by the concept of Rudolf Laban "Body as a living architecture", I'm always attracted by geometric backgrounds in nature and urban cityscapes that would emphasize a human body. 

When we arrive at the location, I ask dancers to get inspired by this geometry and to start moving.

I'm following their moves with my camera. 

CONNECTION turned into a long-term ongoing project, where I capture contemporary dancers all over the world in urban and natural backgrounds. 



What was the biggest challenge in this project?


When I started the project 5 years ago, it was challenging to gain the trust of some dancers. 

Dance photography is not a popular niche and most of the dance photographers used to be dancers in the past. 

Many people in the industry believe that you can't capture the movement if you've never danced yourself. As not a dancer and an outsider I was catching a lot of skeptical glances in the beginning. 



Where do you look for inspiration?


There might be a lot of interesting things around, but I believe that inspiration is something that comes from the inside. 

It depends on your mood and the way you look at things. I'm trying to stay open and curious most of the time in order to hear the hidden voice of inspiration. 



What drives your enthusiasm the most?


All the talented people I get to meet and work with. I'm always eager to collaborate with new dancers, to hear their stories, to discover their techniques. 



What is your dream? One day I would like to create a photo collaboration with Akram Khan Company. 

Do you have any inspirational quote that motivates, pushes or supports you? When I was little, my mom always told me:

"Remember if you truly want something and work towards it - you will get it. Nothing is impossible."

Some things might be harder than others, some things take a lot of time, and when I get frustrated I always remember these words. 





Profile

Yulia Skogoreva

Russian-born fine art and documentary photographer Yulia Skogoreva has been based in Tokyo for the past 10 years. Having majored in Japanese Studies at Moscow State University Yulia worked as an interpreter for Japanese butoh dancers. The backstage life of theatre inspired her to start photographing dancers. With her camera, Yulia has been discovering the unique features and unwrapping challenges of contemporary Japanese society through the prism of dance. Yulia is a recipient of multiple international and Japanese photography awards. Her works have been featured in various exhibitions and photography festivals around the world. 

www.yuliasko.com

Instagram: @yuliasko.ph



Ruri Mitoh

Ruri Mito was born in Tokyo in 1982. She started studying dance at 5 years old at The Modern Ballet Institute, Tokyo. She graduated from the Japan Women's College of Physical Education, Department of Movement Science Dance Studies Major MA(2000-2004). She is now actively performing in many countries and has won many prizes. She has also worked with choreographers such as Damien Jalet, Sasha Waltz, Wim Vandekeybus and so on. In 2017, she received Tatsumi Hijikata Memorial Award. She is Fellow II of the Sainson Foundation(2020-2023).

www.rurimito.com

Instagram: @ruri310




Yulia's exhibition


“Nature of Change”


@THE KNOT TOKYO shinjuku

Oct. 15th 2020- Jan. 15th 2021



“Nature of Change” with ceramist Sofia Solamente featuring Ruri Mitoh, is currently on at The KNOT Shinjuku until the 15th of January 2021. https://hotel-the-knot.jp/tokyoshinjuku/en/our_event/nature-of-change-exhibition/


_________________________




作品のアイデアについて教えてください


「動きと空間を静止画で捉える」

2015年からCONNECTION(コネクション)と題した写真プロジェクトを始めました。ダンサーにポーズを依頼しないこと、私が慎重に撮影場所を選ぶことは当初から一貫しています。

ルドルフ・ラバンの「生きた建築物としての身体」という考えに触発され、人間の身体を際立たせる自然や都市風景に潜む幾何学にいつも魅了されてきました。撮影場所に到着すると、私はダンサーにその場所の幾何学に影響を受けて動き始めるよう伝えます。私はカメラ越しに彼らの動きを追うのみです。

CONNECTIONは、私が世界中でコンテンポラリーダンサーを自然や都市を背景に捉える、長期的な現在進行形のプロジェクトとなりました。





プロジェクトCONNECTIONでの最大のチャレンジは何ですか?


このプロジェクトを5年前に始めた時、一部のダンサーの信頼を得ることが一番のチャレンジでした。あまり大きなパイのある表現分野でないダンスフォトグラフィに携わる写真家は、過去に自身がダンサーだった経歴を持ってる人がほとんどだからです。この分野では、踊った経験がなければムーブメントを捉えることができないと考える人が大半です。非ダンサーにしてアウトサイダーな自分がダンスフォトグラフィを始めた当初は、懐疑的な目を向けられることがとても多かったです。





あなたのインスピレーションの源は何でしょう?


世界はたくさんの面白いことであふれてると思いますが、インスピレーションは内側から来るものだと信じてます。自分の感情や物事に向かう視点次第です。隠れたインスピレーションに気づけるように、いつでもオープンで好奇心を持てるよう心がけています。




あなたを最も熱狂させるものとは?


私が出会い、一緒に仕事をする全ての才能ある人々。いつでも新しいダンサーとコラボレーションし、彼らのストーリーを聞き、テクニックを発見することを求めてます。



あなたの夢は何ですか?


いつかアクラム・カーン カンパニーと写真を通してコラボレーションしたいです。





あなたにインスピレーションを与え、あなたを突き動かす言葉はありますか?


幼かった頃、母はいつも私に「何かを本当に得たくてそれに向かって動いていけば、必ず手にすることができる。何も不可能じゃない」と言い聞かせてくれました。時に自分のやってることが他よりも難しく思える時、時間がかかると感じる時、それに苛立つ時。私はこの言葉を思い出します。



プロフィール


ユーリア・スコーゴレワ(Yulia Skogoreva)

ロシア生まれのファインアート・ドキュメンタリー写真家のユーリア・スコーゴレワは、過去 10 年間、東京を拠点としています。モスクワ国立大学で日本学を専攻したユーリアは、日本の舞踏ダンサ ーの通訳を務め、その舞台裏での生活がきっかけで、彼女はダンサーの写真を撮り始めました。その後ユーリアはダンスという角度から、現代日本社会が抱えている課題を問いに、国際および日本の複数の写真賞を受賞しています。彼女の作品は世界中のさまざまな展示会や写真フェスティバルでも特集されています。

www.yuliasko.com

Instagram: @yuliasko.ph


三東瑠璃

1982年東京生まれ。5歳からモダンダンスを始める。2004年日本女子体育大学舞踊学専攻卒業。2004年-2010年ダンスカンパニー「Leni-Basso」所属、その後フリーランスに転向。スウェーデン王立バレエにてゲストダンサーとしてWim Vandekeybus、Sasha Waltzの作品に出演。またDamien Jaletと名和晃平による”VESSEL”に出演等国内外でダンサーとして活躍。自身のソロ作品は国内外で多数の賞を受け、フェスティバルに招かれている。2017年に土方巽記念賞を受賞。2017年Co.Ruri Mitoとしてグループ活動を開始。2020-2023年度公益財団法人セゾン文化財団フェローII。

www.rurimito.com

Instagram: @ruri310





現在開催中の展覧会


“Nature of Change”


@THE KNOT TOKYO shinjuku

Oct. 15th 2020- Jan. 15th 2021


陶芸家ソフィア・ソラメンテとダンサー三東瑠璃とコラボレーションした最新プロジェクトの展示「Nature of Change(ネイチャー オブ チェンジ)」は、2021年1月15日までザ ノット 東京新宿にて開催中です。 https://hotel-the-knot.jp/tokyoshinjuku/en/our_event/nature-of-change-exhibition/





翻訳: 瀧瀬彩恵




  • ブラックFacebookのアイコン
  • Black Instagram Icon
  • YouTube
  • ブラックTwitterのアイコン

Sign-Up to Our Newsletter

© 2018 by Alexandre Magazine