Mikaela Kelly
























Description of your idea


I’m interested in the subtleties of people and the way small gestures can be infinitely expressive. I appreciate working with the people around me who I know and love because I wish to capture different sides of them and explore their many facets. Being a professional dancer I am of course surrounded every day by incredible dancers who understand their bodies in such a unique and fascinating way. Working with people who understand the same language as me is integral to the images because it allows a sort of trust and freedom between myself and those I’m capturing.




How did you get into Dance+Craft+Photography Style?


A few years ago I was doing a lot of work where I was in front of the camera being photographed by both wonderful photographers and not so wonderful photographers. I learned an incredible amount from all of them and started to really understand what I liked in an image and what turned me off. I wanted to explore being behind the camera for a change so I started taking people’s portraits. Though for the most part I never enjoyed being in front of the camera, I really appreciate the time I had with those photographers because they taught me everything I know. I don’t consider myself professional like they were, but I’m grateful to have found my own aesthetic that drives my photography and enough tools to create the images that resonate with me. I’ve only ever worked with natural light, often shooting outdoors or in my bedroom, so I have very little knowledge of professional studio lighting. This in turn lends itself to my aesthetic and my own limitations force me to come up with creative solutions.


 Recently, during a corona virus lockdown in the Netherlands, I began sewing and knitting clothing from the fabric and yarn I had lying around my house or from thrifted clothing or recycled cloth grocery bags. I just started selling a few pieces to some close friends and while it’s been nice to see so many people who don’t even know me interested in purchasing my creations I don’t have much time outside of my job as a dancer.




What drives your enthusiasm the most?


I find the most joy when I’m making unique, one of a kind pieces for someone who inspires an idea in me or a close friend who I want to photograph in the clothing I make. I have no desire to be a part of the fast fashion industry that is currently choking our planet so everything I create is from recycled clothing or textiles which of course means my desire to make only one of every creation is actually out of necessity.



What is your dream?


I’m lucky that two of my passions coincide with one another and I can use my photography as a tool to showcase my handmade clothing and vice versa. I would also argue that my passion for dance coincides with both my photography and my designing abilities because I have big ideas for multidisciplinary art installations that could combine so many of the things I love. The possibility of making costumes for my own dance installation works as well as films and photographs of them is exactly where I believe I’m headed in the future.



Profile


Mikaela Kelly is a native New Yorker and began dancing at the age of 4. She trained at American Ballet Theatre’s JKO School for five years before attending The Juilliard School and graduating with a BFA in 2018. Mikaela joined Nederlands Dans Theater 2 in 2018 and is currently in her third season with the company. Mikaela is a 2017 Princess Grace Award winner in dance.


Instagram: @mikaelakelly__



____________________




作品のアイデアについて教えてください。


私が興味を持っているのは、人間の繊細な複雑性や、たとえ小さな所作でも無限の表現に富むことについてです。すでに繋がっている友人、知り合いと協働して、彼らが持っている様々な側面を捉えて探ることに喜びを感じます。もちろん、プロフェッショナルなダンサーとして、自身の身体を独自に深く知っている素晴らしいダンサーたちに日々囲まれています。私と同じ(身体的な)言語を理解している人たちと作品を作るということは、写真を撮ることにも繋がっていて、自分と写真が捉える被写体のあいだにある種の信頼と自由を生み出します。

  



ダンサー+洋服作り+撮影というスタイルに至ったきっかけは?


数年前、私は甲乙様々なフォトグラファーのカメラの前で被写体となる仕事をたくさんしている時期がありました。この経験を通して多くのことを吸収して、ビジュアル表現をする時の自分の好き嫌いがはっきり分かってきました。撮られるよりも撮る側になりたいと思い、人のポートレートを撮るようになったのです。自分が被写体になるのはあまり楽しめなかったのですが、フォトグラファーと過ごした時間からは今知っている多くを学べたので感謝しています。自分は彼らのようなプロフェッショナルではないと認識していますが、写真を撮る時の自分の美学を発見して、自分に共鳴するイメージを作るためのツールを見つけられたことはありがたいです。ほとんどの作品は屋外か自分のベッドルームで自然光でしか撮ったことがないので、プロのスタジオ照明の知識はあまりありません。でもこれ自体が自分の美学を形作っているし、制限があることでクリエイティブな解決策を見つけざるをえない状況を作ってくれています。



オランダでコロナウイルスのロックダウンが起きた時、家にあった布や古着、リサイクルされた布製買い物袋で縫ったり織物を始めました。最近、近しい友達にいくつか売りはじめましたが、ダンサーの仕事以外で限られた時間の中作ったものを、私が知らない人も興味を持って購入したいと問い合わせてくれるのは嬉しいことです。




あなたの作品づくりの原動力は


一番喜びを感じるのは、私にインスピレーションをくれる人や、それを着てるところを写真に撮りたいと思う近しい友達のために一点もののユニークな作品を作っている時です。地球を窒息させてる今のファストファッション業界に身を置くことには興味がなくて、この世に一つだけの服が作りたいので、必要とされなくなった古着や布から作ってます。




あなたの夢は何ですか?


写真と服作り・デザイン、自分が情熱を持ってる2つが一致してそれぞれを同時にプレゼンテーションしあえているのはラッキーです。ダンスに注ぐ情熱もまたこの2つと呼応しています。自分が大好きなこと、多岐にわたる表現が一つのアートインスタレーションとなることを夢見ています。自分が踊るダンスインスタレーションのために衣装を作って、その映像や写真を撮ることが未来で実現する、そこに自分は向かってると信じてます。




プロフィール


ミカエラ・ケリー

ニューヨークで生まれ育ち、4歳から踊り始める。アメリカン・バレエ・シアター付属JKOスクールで5年間学び、ジュリアード音楽院を2018年に卒業(美術学士号取得)。同年ネザーランド・ダンス・シアター2に入団、現在3年目を迎える。2017年プリンスグレース財団賞受賞。


Instagram: @mikaelakelly__



翻訳:瀧瀬彩恵

  • ブラックFacebookのアイコン
  • Black Instagram Icon
  • YouTube
  • ブラックTwitterのアイコン

Sign-Up to Our Newsletter

© 2018 by Alexandre Magazine