BODIES | A Davy Lazare Film 






Staff Credit


Creative Director, Dancer: Brandon Lawrence

Director, Cinematographer, Editor and Spoken word performance: Davy Lazare

Producer: Kim Lawrence

Composer, Musician: Alexia Bergman

Dramaturg: Ruth Brill


      


Description of your idea


Dance expression driven by spoken word Poetry, reflecting the nightmares of today’s world on racism and hate.

The severity of recent incidents during the Corona pandemic has forced the question of race, privilege and equality to be ask yet again. I personally couldn’t sit back ignorant to the plight of communities across the world, so had a vision to bring dance, music and spoken word together in one film with an aim to present the reality faced by a community I'm apart of. The team includes my sister and very talented friends who I wanted to bring together to create and speak in one voice.




Tell us more about your team and how you developed the film.


I’m so very proud to share my first time at playing ‘Creative Director’.

This would not have been possible without my Incredibly supportive sister Kim Lawrence, Alexia Bergman who brought her sublime Cellist skills and Ruth Brill for guiding me and providing routes and imagery in dance, to aid what I believe is the core of this film ‘Spoken Word’.

After the devastating news of ‘George Floyd’ I felt my best way to have Impact was to create, therefore having Davy Lazare onboard was a no brainier. A life long friend of Kim’s and knowing his passion for Spoken word, I knew we had to connect and pull art forms together.

His writing, interpretation and passion for what message we all share hits deep. I cannot thank Davy enough for filming and editing this piece of art which I hope will speak to many people

‘through the only lens there is, the lens of HUMANITY’.




What is your dream?

My Dream is to see peace brought to the world. In this fast paced society we are quick to move onto the next path without addressing and solving issues thoroughly. I believe my growth thus far has taught me that although we are all from different walks of life, we should endeavour to treat each other with respect and understanding no matter our backgrounds. Remembering always that racism is taught and not inherited.




Do you have any inspirational quote that motivates, pushes or supports you?

Make your thoughts actions and make your actions count!




Profile


Brandon Lawrence

Born in England, Brandon Lawrence trained with Penny Murray and Andie Nydza before attending the Royal Ballet School where he Graduated to join  Birmingham Royal Ballet in 2011 to then reach the rank of Principal Dancer in 2019.

Brandon has danced many of the Classics including Swan Lake(Prince Seigfreid) The Nutcracker(Prince) Sleeping Beauty(Prince Florimund) Giselle (Count Albrecht) Romeo and Juliet(Romeo) La Fille Mal Garde(Colas) and Beauty and the Beast(Beast) he has also danced many notable roles including Southern Cape Zebra from David Bintleys ‘Still Life at the Penguin Cafe’ Friday Night and Bethena Waltz in Macmillans 'Elite Syncopations’ Twyla Tharp's ‘In the Upper Room’ Lucentio in Cranko’s ’Taming of the Shrew’ Othello in Limón’s ‘The Moors Pavane’ and the 3rd Seminarian in David Bintley’s ‘Carmina Burana'.

While dancing the varied and diverse repertoire at Birmingham Royal Ballet, Brandon has created roles in David Bintley’s ‘King Dances’ Alexander Whitley’s ‘Kin.’ George Williamson’s ‘Embrace’ Juanjo Arques’s ‘Ignite’ and most recently Didy Veldman’s ’Sense of Time’ as well as being nominated for two National Dance Awards in the ‘Best Classical Male Performance Category’ for Ruth Brill's Arcadia(Pan) and Jessica Lang’s (Wink)

Instagram: @blawrene155

Twitter: @blowrence155

Bio: https://www.brb.org.uk/profile/brandon-lawrence



Davy Lazare

Instagram: @davylazare

Twitter: @DavyLazare

Kim Lawrence

Instagram: @yardiebarbie10

Alexia Bergman

Facebook - https://www.facebook.com/lexi.bergman.3

Instagram: @Alexia.bergman.3

Ruth Brill

Website - www.ruthbrill.com

Instagram: @ruth.brill

Twitter: @ruthbrill




-------------------------------





作品のアイデアについて教えてください。


これは今日の世界の差別や憎悪の悪夢を映し出す、スポークン・ワード・ポエトリーによるダンス表現です。


コロナ・パンデミックの最中に起きた重大な諸事件は、人種、権利、平等について強制的な問いを立てました。個人として、世界中に巻き起こる苦難にただ無関心でいられるわけがありませんでした。よって、自分が接している現実、自分自身もその一部であるコミュニティを描くことを意図に、ダンス、音楽、スポークン・ワードをひとつの映像作品として束ねました。制作にあたり、チームには私の姉と才能溢れた友人らが集まり、ひとつの声を創り発することに協力してくれました。




チームについて、また作品制作の経緯を教えてください。


初めて「クリエイティブディレクター役」として表現を共有することを誇りに思っています。

素晴らしく協力的な姉のキム・ローレンス、卓越したチェロスキルを披露してくれたアレクシア・バーグマン、そして自分がこの作品の核として信じる「スポークン・ワード」を作品に導くため、ダンスに創作の道筋とイメージを与えてくれたルス・ブリルがいなければ、この作品は実現しませんでした。

ジョージ・フロイドの胸が引き裂かれるような事件の後、(この後の状況に良い)影響を起こすには創作することがベストな方法だと感じました。そのために、デイヴィ・ラザールと協働する以上に賢明なことはありませんでした。キムの生涯の友であり、スポークン・ワードに情熱を燃やす彼と一緒に、それぞれのアートフォームを作品として繋げなければいけないと確信しました。

僕たちが全員共有するメッセージに対する彼の言葉、解釈、そして情熱に深く打たれました。この作品を撮影編集してくれたデイヴィには感謝しきれません。彼が「唯ひとつのレンズ、人間性のレンズ」を通して捉えたこの作品が、多くの人に訴えかけるものになることを望んでいます。




あなたの夢は?


僕の夢は、平和がもたらされた世界を目撃することです。めまぐるしい速度で進んでいく社会で、私たちは課題に徹底的に取り組み解決することなく次の道へ素早く進もうとします。今のところ、自分の成長から学んだと信じているのは、たとえ私たちが全員異なる人生を歩んできたとしても、その背景に関わらず尊重と理解の気持ちを持ってお互いに接するよう努力するべきだということです。差別は継承されたものではなく、教育されるものだということを心に留めながら。




あなたにインスピレーションを与えあなたを突き動かす言葉はありますか?


思いを行動にして、行動を価値にすること!




プロフィール


ブランドン・ローレンス

英国出身。Penny Murray、Andie Nydzaに師事。ロイヤル・バレエ・スクールを卒業後2011年にバーミンガム・ロイヤル・バレエ団に入団。2019年プリンシパルに昇格。

「白鳥の湖」(ジークフリート王子)「くるみ割り人形」(王子)「眠れる森の美女」(フロリムント王子)「ジゼル」(アルブレヒト伯爵)「ロミオとジュリエット」(ロミオ)「ラ・フィユ・マル・ガルデ」(コラ)「美女と野獣」(野獣)など数多くのクラシックバレエ作品に出演。この他にビントレー「ペンギン・カフェ」(ケープヤマシマウマ)マクミラン「エリート・シンコペーションズ」(Friday Night、Bethena Waltz)トワイラ・サープ「イン・ジ・アッパー・ルーム」クランコ「じゃじゃ馬馴らし」(ルーセンシオ)リモン「The Moor’s Pavane」(オセロ)ビントレー「カルミナ・ブラーナ」(神学生3)。

バーミンガム・ロイヤル・バレエ団の多様なレパートリーを踊る一方、ビントレー「王は踊る」アレクサンダー・ホイットリー「Kin」ジョージ・ウィリアムソン「Embrace」Juanjo Arques「Ignite」ディディ・ヴェルドマン「Sense of Time」ではクリエーションにも携わる。英国舞踊批評家協会賞の「最優秀男性ダンサー」に2度ノミネートされる(ルス・ブリル「Arcadia」ジェシカ・ラング「Wink」)。








BODIES - Written by Davy Lazare 

Bodies. All around me.

Bodies.

Bound hands, bound feet

waking up to nightmares

Justice is as just a dream

Bodies. Dying two dimensional 

Deaths on iPhone screens

Activists fight the power

With hashtags and tweets

Politicians say condolences 

In one dimensional speech

Bodies. On the ground

Resisting arrest

With face full of

Cement

The weight of white 

Hate on its back

The knee of Jim Crow 

On its neck

Bodies. Begging for mercy

Can’t breathe

When they slowly, calmly

Drain the air

From body

Deflated. Bodies. Watch.

Helpless. to fight

The sickness of

Racism

as short sighted

As

Londoners

who

think

North

means

North

London

Can’t see the country

For capital murder

Can’t see black bodies

For the value of human

Life

Black Bodies. All around me.

Black Bodies. bound

hands, bound feet.

Waking up to nightmares

Justice was just a dream

Black bodies are excluded.

When white and human

Become synonyms

When black bodies 

Become exotic? Athletic?

Sold.

As popular music

Black Bodies on a zoo trip.

Then get blamed

For their own oppression

Hey black body. Why don’t you

Just pull yourself up

By your bootstrap,

It doesn’t matter 

I have my foot on your back.

That I stood, on the other black

Bodies to get where I am

That I couldn’t count,

The black people.

sons, daughters, black lives!

Because I

Ripped the family tree

from its very roots

Black people. Are tired.

Beyond tired.

Of the impurity of the slaughter

The immunity of white

Murderers, from the same justice.

They claim to love

Black people. Are tired of

smiling Through pain.

Being non-threatening

Tired of waiting for the system 

to decide the system should

Change.

History has taught us

The cure for pain is in the pain

We make antibodies from hate

And hatred of self

We take strands of 

ignorance 

And build towers tolerance and love

for all things for all life

But no life is safe.

When black lives aren’t.

No life has value,

when black lives don’t.

Until then: we will march fight scream

rage break sing stand until our bodies

are respected until black bodies aren’t 

neglected until black people are equal

and seen through the only lens there

is the lens of humanity. Humanity.

Humanity.





Bodies. 僕のまわりに

Bodies

縛られた手、縛られた足

悪夢に目覚める

正義はただの夢

Bodies. 二次元に死す

iPhoneスクリーン上の死

アクティビストが抗う力

ハッシュタグやつぶやきとともに

政治家が唱える弔意

一次元のスピーチ

Bodies. 地面の上で

逮捕への抵抗

顔に溢れるのは

セメント

白の重み

背には憎しみ

ジム・クロウの膝が

首の上に

Bodies. 慈悲を乞う

息ができない

奴らがゆっくり、静かに

からだから

呼吸を抜くとき

しぼむ からだ 見る

たたかうには 無力

レイシズムの

鼻先思案

ロンドン

としか

思わない

ロンドン市民

は重大殺人

の国が見えない

価値ある人間として

の黒いからだが見えない

いのち

Black bodies. 僕のまわりに

Black bodies

縛られた手、縛られた足

悪夢に目覚める

正義はただの夢だった

Black bodiesは除かれる

白人と人間が

同義語となる時

Black bodies

異国情緒?アスレチック?

SOLD

ポピュラー音楽として売れる

黒いからだ 動物園旅行へ

やがて非難される

自らの抑圧のために

Hey black body

靴のつまみ革で

自分を引き上げたらどうだ

お前の背中に俺の足があることは

関係ない

今俺が立つ場所に来るまでに

他の黒人のからだの上に立ってきたこと

黒人を数えられないこと

息子、娘、black lives!

なぜなら俺は

家系図を根っから

引き裂いたから

Black people は疲弊している

疲労の彼方

虐殺の不純さに

白人の免疫に

暗殺者たちを

同じ正義から愛すると言う

Black people は疲弊している

痛みの最中を微笑むことに

威嚇しないことに

システムが変わることを

決めることを

待つことに

歴史は我々に教えた

痛みの癒しとなるのは癒しということを

憎しみ、そして自らへの憎しみから

から抗体を作ることを

無知をほどき

寛容と愛の塔を建てる

全てのもの、全てのいのちのために

しかし どのいのちも安全ではない

Black livesがそうでないなら

どの命にも価値はない

Black livesがそうでないなら

その時まで:我々は行進し闘い叫ぶ

憤り乱れ歌い立ち

我々のからだが尊重の対象となるまで

Black bodiesが見過ごされないまで

Black peopleが平等に唯ひとつのレンズ越しに見られるまで

それは人間性のレンズ 人間性

人間性






翻訳: 瀧瀬彩恵

  • ブラックFacebookのアイコン
  • Black Instagram Icon
  • YouTube
  • ブラックTwitterのアイコン

Sign-Up to Our Newsletter

© 2018 by Alexandre Magazine